×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  焼酎/Shochu»  桜明日香 ヴィヴァーチェ

桜明日香 ヴィヴァーチェ

桜明日香

桜明日香
ヴィヴァーチェ
 【芋焼酎】

蔵元:株式会社紅乙女酒造
住所:福岡県久留米市田主丸町益生田214-2

原材料:芋・米麹(国産米)
アルコール度:25%
容量:1800ml / 720ml

【コメント】
常圧蒸留ながら、華やかな香りと柔らかさ、ふくよかさを
持つ品のある味わい。芋の持つ果実味とジューシーな
旨みが特徴的です。

  • 桜明日香 ヴィヴァーチェ

  • 型番・品番

    5101

  • JANコード

    4985159110922

  • 販売価格

    1,435円(税込) 2,912円(税込)

  • サイズ

  • 株式会社紅乙女酒造
    福岡県久留米市田主丸町益生田214-2

    「紅乙女」を生み出したのは、田主丸に300年続く蔵元「若竹屋酒造場」の十二代目林田博行氏のもとへ嫁いだ林田春野です。1912年(明治45年)、久留米の日本酒の造り酒屋の娘として生を受けた林田春野は、1930年(昭和5年)に若竹屋酒造に嫁ぎます。お酒づくりを始めた当時、焼酎は安いお酒のイメージしかありませんでした。しかし、洋酒のように本当においしいお酒をつくりたいと、試行錯誤を重ねてようやくできたのが「紅乙女」です。自身が子育て中でもあった彼女から生まれた「紅乙女」は、赤い薔薇のラベルに象徴されるように、優しく控えめで、それでいて芯の強い母の心が含まれています。紅乙女酒造では、焼酎を「祥酎」と呼びます。「祥」は「おめでたいしるし」という意味を持ちます。林田春野は、紅乙女の祥酎は「ヤケ酒のようにつらいことを忘れるためではなく、嬉しい時やおめでたい時の幸せを運ぶお酒でありたい。」と願っていました。そんな創業者の思いを込め、新しい種類のお酒として『祥酎』と命名されているのです。※写真は林田春野の生家である造り酒屋。

関連商品

※お酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。

酒 類 販 売 管 理 者 標 識

酒類販売場の名称及び所在地 酒舗七蔵 
札幌市中央区南8条西23丁目4-11
酒類販売管理者の氏名 三村 英司
酒類販売管理研修受講年月日 平成29年7月27日
次回研修の受講期限 平成32年7月26日
研修実施団体名 札幌北小売酒販組合