×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ワイン/Wine»  登醸造 セツナウタ【2016】 750ml

登醸造 セツナウタ【2016】 750ml

 

  • 登醸造 セツナウタ【2016】 750ml

  • 型番・品番

    16710

  • 販売価格

    2,750円(税込)

在庫切れボタン

  • 商品・ワイナリー情報

    品 名:セツナウタ 2016/登醸造
    生産者:小西 史明(こにし ふみあき)
    生産地:北海道/余市町
    品 種:ツヴァイゲルト100%
    タイプ:ロゼ/辛口


    気温の低い午前中に収穫し、手動バスケットプレスにて搾汁。補糖・補酸なしで200Lのステンレスタンクへ。12時間の静置の後にオリ引き、野生酵母で12 か月にわたるゆるやかな発酵。清澄剤なし、無濾過でビン詰め。常温でゆっくりと。特に抜栓の翌日が飲み頃です。すぐに飲む場合には、一度ほかの容器に移し替えた後でグラスに注ぐか、グラスに注いでからグルグル液体を回して、空気とよく触れさせてから飲むとよいです。抜栓してからの香り、味の変化を楽しむのもおもしろいです。
    ※こちらの商品はインターネットによる販売は行なっておりません。詳しくは直接店舗までお問い合わせ下さい。
  •  
     
       
     
     
     

    登醸造
    北海道余市郡余市町登町718
     秋田県出身。東京でのサラリーマン生活を経て、2009年余市町に移住。2年間の農家研修を経て、2011年より自社農園にてぶどう栽培を開始。2014年に醸造免許を取得した若手醸造家。余市町内のぶどう農家でぶどう栽培を、岩見沢のブルース・ガットラブさんのもとでワイン醸造を学び、2014年自宅に念願のワイナリーをオープン。栽培から醸造までを夫婦二人で担っています。小西さんが手掛けるのは、ツヴァイゲルト・レーベのみ。「“おいらはぶどう”というのが信条に、ぶどうにとって快適で心地よい環境づくりを考え、できるだけ自然の力で栽培したい」と、小西さんは話します。丁寧に育てられたぶどうは、自宅一部を改装した12畳のスペースで醸造。野生酵母を使い、タンクで発酵しながら、酸味と甘みと渋みが調和した複雑味のある味わいを目指しています。屋号である「登醸造」は、ワイナリーのある余市町登地区からとったもの。
     

関連商品

※お酒は20歳になってから。未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。

酒 類 販 売 管 理 者 標 識

酒類販売場の名称及び所在地 酒舗七蔵 
札幌市中央区南8条西23丁目4-11
酒類販売管理者の氏名 三村 英司
酒類販売管理研修受講年月日 平成29年7月27日
次回研修の受講期限 平成32年7月26日
研修実施団体名 札幌北小売酒販組合